山本覚馬・新島八重子
山本覚馬 新島八重子

新島八重子・山本覚馬生誕の地
覚馬は会津藩士で、戊辰戦争後は京都商工会議所会頭を務め、親友の新島襄とともに同志社大学の創立に尽くしました。
そののち妹の八重子は新島襄の妻となります。
戊辰戦争では自ら銃をとり戦ったことから、後に「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれました。
┃TOPへ┃ ┃地図へ┃