野口英世生家
千円札の顔となった野口英世は、医師をめざして上京するまでの少年時代を過ごしました。創建以来二百年近くたって老朽化していたため、英世の没後に野口英世記念会で保存してきました。生家には英世が左手に火傷をした「囲炉裏」、上京するとき決意を刻んだ床柱など、当時そのままに残されています。

┃TOPへ┃ ┃地図へ┃