坂本竜馬を切った男の墓
会津藩士佐々木源八の三男として生まれ、新選組とともに京都の守護にあたっていた京都見廻組与頭・佐々木只三郎は坂本竜馬、中岡慎太郎を襲撃したと云われています。鳥羽伏見の戦いで見廻組を率いて出陣しましたが負傷し紀州の紀三井寺で没しました。

┃TOPへ┃ ┃地図へ┃